埼玉県 さいたま市の特定社会保険労務士 【川端労務経営事務所】 就業規則 是正勧告 コンプライアンス

埼玉県下・さいたま市近辺の人事のご相談はお任せ下さい。
人事コンサルタント・
特定社会保険労務士
川端労務経営事務所

〒331-0823
埼玉県さいたま市北区日進町
2-1605 第2ハクサンハイツ202
>>アクセスの詳細はこちら

TEL:048-666-1877
FAX:048-729-7018

ご対応地域:埼玉県 さいたま市の人事コンサルタント・特定社会保険労務士事務所です。埼玉県 さいたま市(埼玉労働局埼玉ハローワーク大宮年金事務所 管区)を中心に、上尾市、桶川市、北本市、熊谷市、鴻巣市、川越市、所沢市、富士見市などの埼玉県全域から、埼京線沿いの東京都内 北区(赤羽など)、豊島区、新宿区、渋谷区、品川区、目黒区など、幅広く、多くのお客様にご対応しております。上記の地域以外のお客様にももちろんご対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

トピックス

2017/08/15
安衛法施行規則改正で労働時間把握を義務付けへ

厚生労働省は、労働安全衛生法施行規則を改正し、従業員の労働時間の把握を企業などに義務付ける方針を示しました。「客観的で適切な方法で行わなければならない」などの文言を明記します。秋の臨時国会に提出予定である「働き方改革関連法案」が施行されるまでに同規則を改正する考えです。

2017/08/01
地域別最賃の改定目安を答申 加重平均25円は過去最高

中央最低賃金審議会は7月27日、2017年度地域別最低賃金額改定の目安について、塩崎厚生労働大臣に答申しました。引上げ目安は、東京、愛知、大阪など「Aランク」が26円、静岡、京都、広島など「Bランク」が25円、北海道、石川、福岡など「Cランク」が24円、青森、沖縄など「Dランク」が22円。全国加重平均は25円(昨年度は24円)で、最低賃金が時給で決まるようになった2002年度以降、最高額となります。

2017/07/25
公的年金 70歳以降受給開始の選択案を検討

公的年金の受給開始年齢を70歳より後にできる案が検討されています。内閣府の有識者検討会が、約5年ごとに改定されている高齢社会対策大綱の改定案に盛り込む検討を開始しました。政府は年内に大綱を決定する予定です。現在、年金の受給開始年齢は原則65歳からで、60〜70歳の間での選択も可能となっています。

2017/07/19
未払い賃金の時効「2年」見直しの議論開始

労働者が未払い賃金を請求できる権利が消滅する時効(消滅時効)について、現行の「2年」という規定の見直しに向けた議論が厚生労働省の労働政策審議会で始まりました。これは金銭の支払いを請求できる期限を「原則5年」に統一する改正民法が5月に成立したことを受けたものです。

2017/07/11
「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」をリニューアル

厚生労働省は、無期転換ルールの周知や無期転換制度の導入促進に関する情報発信を行う「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」をリニューアルしました。問合せの多い質問をQ&A形式にまとめて新たに掲載したほか、現在、有期労働契約で働いている人にも使いやすいよう情報を整理・追加しました。

△ページのTOPへ